今制作途中の小花のパーツとリングです。

手前にある小花はシルバーですが

これが原型となり後ろにある金色のパーツ、K18が出来上がります。

 

原型にはいろいろなものがありますが、

 

先日このような原型を地金に換えてくれる職人さんの工房に

お邪魔をしてお話を伺う機会がありました。

どれだけ素晴らしい機械をそろえても、それを扱う職人さん次第で

ホントに大きな違いがあるという事。

技術はもちろんだけど、心にもつ職人魂は並大抵ではありませんでした。

 

今まで、たくさんのアーティストや職人さんに出会って来ましたが、

素晴らしいと思える人々は共通してどこまでも尽きない探究心を持っているんですよね。

これでいいやという事がないんですね。

 

私もそんな方々をお手本によいものを生み出していきたいと改めて思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です